Home > 植物管理

植物管理 Archive

サンセベリアの育て方

サンセベリア属 リュウゼツラン科

【置き場所】 
出来るだけ明るい場所で管理しましょう。
多湿に弱いので、湿気の少ない場所で。
【水やり】
用土が完全に乾燥したら、表面から半分くらいまで水を浸透させる気持ちで
与えましょう。出来るだけ、乾かし気味で。
気温が10℃以下になったら、与えないでください。
【肥料】
春~秋に緩効性肥料を与えてください。
【ワンポイント】
20℃以上で繁殖が旺盛になりますから、挿し木ができます。
水分の与え過ぎによる、根腐れには十分注意しましょう。

クワズイモの育て方

IMG 1446

アロカシヤ属 サトイモ科

【置き場所】 
明るい場所で管理しましょう。
夏は直射日光、エアコンの乾燥した風ななど
当たらない場所で管理しましょう。
【水やり】
用土が乾燥したら、たっぷり与えましょう。
メリハリをつけて、だらだら湿った状態にしないようにしましょう。
【肥料】
春~秋に緩効性肥料を与えてください。
【ワンポイント】
空気のこもった部屋では、ハダニが発生しやすので
霧吹きをしてやりましょう。
クワズイモの名の通り食べられません。

アラビアジャスミンの育て方

R0010632
ソケイ属 モクセイ科

【置き場所】 
明るい場所で、春~秋は戸外
冬は5℃以上ある室内へ置きましょう。
【水やり】
用土が乾燥したら、たっぷり与えましょう。
【肥料】
花が終わっって秋頃まで、緩効性肥料を与えてください。
【ワンポイント】
終わった花は摘み取って下さい。
またお花が終わったあとは、根本から4~5節程度残して
切り戻してください。

ヘデラ(アイビー)の育て方

EPSN4235

ヘデラ属 ウコギ科

【置き場所】 
明るい場所でも、半日陰でもOK。
しかし、あまり光が弱すぎないようにしましょう。
年中戸外で生育します。
【水やり】
用土が乾燥したら、たっぷり与えましょう。
暑い季節は葉水を与えるようにしましょう。
【肥料】
春~秋 緩効性肥料と液体肥料を、併用して与えてください。
【ワンポイント】
空気が動かなく、暖かい場所では「ハダニ」の発生が
多いので、葉水をしたり、発生した場合は、ハダニ専用
殺虫剤で防除してください。

アジアンタムの育て方

IMG 1467 2

アジアンタム属 アジアンタム

【置き場所】 
明るい場所で、直射日光を避けて置きましょう。通常、室内灯などの照明でもOKです。
湿気の多いところに置くのがベストですが、乾燥気味の場所へ置く場合は、こまめに
水分をスプレーしましょう。
冬は出来れば10℃以上あるのが望ましいですが、それ以下になる場合は、水やりを減らします。
【水やり】
春~秋は半乾きの状態になったら、たっぷり水やりをします。葉にスプレーをしてやりましょう。
冬は活動が鈍りますが、土の表面が乾いたらたっぷり与えましょう。
【肥料】
春~秋 液体肥料を与えてください。
【ワンポイント】
水を切らして、葉がチリチリになることが多くあります。
この場合、株元の新芽を残して刈り込みましょう。
生育期には1ヶ月程度で元に戻ります。

フィッカスウンベラータの育て方

桑科フィカス属 フィカスウンベラータ

【置き場所】 
明るい場所で、夏は直射日光を避けて置きましょう。通常、室内灯などの照明でもOKです。
冬は最低10℃以上保つよう心がけましょう。
【水やり】
春~秋は土が完全に乾いたら、たっぷり水やりをします。(メリハリをつけて)
出来れば、葉にスプレーをしてやりましょう。
冬は活動が鈍りますので、乾かし気味に。
【肥料】
春~秋 緩効性肥料を与えてください。

ホーム > 植物管理

Search
Feeds
Meta

Return to page top